知らないと損をする!損をしないための相続税対策!

そもそも相続税の対象となるものは?

「相続税」の対象となるものは、相続や遺贈で取得した財産に対して基礎控除学を超えた部分に課される税金のことです。相続税の申告及び納税は、被相続人の死を知った翌日から10ヶ月以内に行わなければならず、知らないと大変な目にあいます。基本的には日本国内に住んでいる人や日本国内にある財産全てが対象となります。被相続人の債務などはこの対象から外れることになります。債務ではありませんが、葬式費用も除外することが出来ます。

相続税を軽減するには?

相続税は基本的には全てにかかると申し上げましたが、軽減することが出来るものもあります。それは、短期間での相続が続いた場合や、相続対象者が未成年の場合は相続税額から一定金額を差し引くことが出来るのです。また配偶者の場合にも、財産形成の貢献や今後の生活を営むために1億6000万円までは財産を相続しても課税されないのです。婚姻関係が無い場合にはこの限りではありませんが、配偶者にとってはとても嬉しいですよね。

生前贈与の場合には?

相続税としてではなく、生きているうちに相続させようとすると、「生前贈与」という方法があります。この場合には1人の人が1年間にもらった金額が110万円以下であれば税金がかかりませんし、贈与税の申告も不要となります。とても手軽ですが、先に遺産を相続させてしまうと、自分達の老後の生活などもありますので、くれぐれも慎重に行って下さい。相続も贈与も税金のプロである、税理士に相談するのがより安心だと言えます。

相続は、遺産の多い人ほど大変です。預金だけならともかく、不動産、株式などがあれば尚更です。こんな時、相続の申告を税理士に依頼しましょう。