どうしたらなれる?あこがれの美容師までの道。

第一関門!資格は何が必要?

自分自身の腕前で人をかわいく見せたり、きれいにさせたりすることができる美容師さん。あこがれている人もたくさんいると思いますが、美容師になるにはまずは「美容師免許」という資格の取得が必要で、この免許なくしては美容師として働くことはできません。そして「美容師免許」は国家資格ですので、国家試験に合格することが必須になります。そして「美容学校」で一定の課程を修了した人でなければ試験の受験資格が与えられないのです。

「美容学校」にはどんな種類があるの?

それでは一定課程とはどんな種類があるのかを見ていきましょう。まずは「昼間課程」といって全日型なので2年で卒業ができる課程があります。一般的に日中学校へ通学する課程と認識してもらえればいいと思います。次に「夜間課程」ですが、夕方以降に授業がスタートします。卒業までの期間は昼間課程よりは長く2年半程度かかる学校もあるようです。現在別の職業に就いている方に適していると言えます。最後に「通信課程」といって基本的に通学は必要最低限の回数でよく、レポート提出により単位を取得します。卒業は3年と長めですが、通信課程への入学条件には、「現在美容室で見習いとして働いていること」が必要な場合が多いようですので、現場と勉学の同時進行を体験できる実践型のパターンだと言えます。

学校の選び方はどうすればいい?

学校を選ぶ際にまず重要になってくるのが「学費」ですよね。それぞれあくまで目安ですが、一般的には「昼間課程」が最も高く、その次に「夜間課程」、最も安いのが「通信課程」となります。ただし各課程ごとに地域によっても学費には差がありますので、資料請求などをして比較するといいでしょう。将来の行き先を決める大事な学校選びですので、足を運べる方には学校見学をおすすめします。学校の雰囲気や在校生の体験話などは実際に学校へ足を運んだ方がよりよいイメージを得られ、具体性があがりますよ。

美容に関連する業界で働くなら、美容の専門学校に通うことにしましょう。専門学校では専門的な教育を受けることができます。