信用情報機関は3種類のうち必要に応じて参照されます

クレジットカードは発行元により審査が異なります

信販系・消費者金融系・銀行系とクレジットカード発行元は出身母体により加盟している信用情報機関が異なるため、審査のために参照する情報に差が出ます。日本国内にある3種類の信用情報機関のうち、どこに加盟しているかはクレジットカード会社の利用規約に明示しています。相互参照出来るように連携は進んでいるものの、どの信用情報機関に登録されている情報を取り寄せて審査を行うかは、カード会社により異なることから審査結果も全く異なる形で出るのです。

スコアリング審査とマニュアル審査があります

クレジットカードを申し込むと、申込者の属性や申告内容をポイント化したスコアリング審査が行われます。各カードにより求められるスコア基準が異なるため、審査の厳しさに繋がっています。スコアリング審査を通過した後で、本人確認書類を基に個人信用情報機関への照会を行い、申告内容と合致しているか、他者借入状況に問題が無いかを確認してクレジットカード発行となります。審査途中で申告内容と異なる場合や不審な点が出てきた場合には、人間の目で確認するマニュアル審査に切り替わります。慎重な審査となるため審査結果が出るまでに時間がかかるのです。

マニュアル審査とならないために情報は正確に

クレジットカードの審査を通過するためには、マニュアル審査とならないように正確な情報を申込時には申告する必要があります。経験豊富な審査担当者はうっかり記入間違いをしているのか、意図的な記入漏れか、そもそも借入状況を把握していないタイプの人かを見抜く力を持っているので、信用情報機関に登録されている内容を正確に記入するだけで審査担当者の心象は良くなるのです。クレジットカードの枚数が多い場合には使っていないカードを減らしてから申込むと審査に通りやすくなります。自社のクレジットカードを多く利用してもらえる新規顧客をカード会社は欲しがっているからです。

クレジットカードの審査は簡単に理解することができるので審査方法の流れに興味を示しましょう。初心者の方にこのようなサービスを提供しているので安心できます。