真に警戒すべきは何?信用取引における注意点

信用取引は有用性が高い取引ではあるが

昨今株取引において、信用取引は避けては通れない状況になってきています。信用取引において空売りを行えるようにしておけば、経済が不調の現状でも上手く立ち回ることができる可能性がありますが、一方で信用取引には現物取引に無い独特の注意点があります。まず、最大の注意を払わなければいけない点は、とにかく損失を少なくする運用を心がけるという点です。信用取引は現物取引以上に損失が拡大しやすいため、常にリスクコントロールを意識しておかなければなりません。

「追証」は本当に警戒しなければならないものか?

信用取引で出た損失が委託証拠金を一定比率毀損した場合に発生するのが、口座への追加資金の入金義務、通称「追証」です。信用取引を行うに当たって口座を開く際、証券会社から耳にタコができるほど追証が発生しないように注意喚起がなされます。しかし、よほど考え無しの無謀な取引でもしない限りは、追証が発生するほどの損失が出ることはありません。つまり、しっかりとした運用を心がけていれば、追証は全く警戒するに当たらないものだと言えます。

個人投資家が信用取引で警戒しておくべきは、コレ!

個人投資家が信用取引をする上で最も警戒すべきは損失です。しかし、それ以外についつい見落としがちなリスク要因があります。それは「金利」です。信用取引では、借りた資金や株に日割りで金利がかかってきます。つまり、信用取引の建玉は保有すればするほど、損利とは全く関係のないコストがかかるのです。そのことを忘れてついつい信用取引の建玉を塩漬けにしてしまうと、返済する際にとんでもない金利を払わなければならないということにもなりかねません。信用取引をする際は損利だけでなく、ランニングコストにまでしっかり注意しておきましょう。

株などの金融商品を買い付ける際、必要な資金を証券会社から借りて購入することを信用取引、あるいは信用買いと言います。