教えて!ファンド会社が取り扱っているNISAって何?

ファンド会社とは何なんだろう?

ファンド会社は、法律上は「集団投資スキーム」と呼ばれています。ファンド会社の取扱いは、金融商品取引業者としての登録またはそれに代わる届出が必要となります。そして、日々刻々と変化する市場に対して、うまくいく時ばかりではないので、大きな損失を被ることもあるという危険も持ち合わせています。しかし、その反対にうまくかみ合った時は大きな利益につなげることができるのではないでしょうか。そのため、市場がどういう展開をするのかを読みとく能力が大きく結果を左右します。

ファンド会社はどんな仕事をするの?

ファンドの仕事は顧客から資金を集めて、その資金を使って運用をすることです。そして、運用することで利益を出し手数料を顧客からもらうという仕組みになります。大きな資金を運用することになるので、当然深い専門知識が必要になります。さらには、相場がどう反応するのかを高度なレベルでの分析力が求められます。能力が高い人は高い実績を残すことができ、それだけ多くの年収を手にすることができるという特徴がありますよね。

ファンド会社が行っているNISAとは?

ファンド会社が行っているNISAとは、少額投資非課税制度になります。通常、株や投資信託を売買すると利益の2割が税金として徴収されます。しかし、NISAはその税金がかからない制度になるのです。そのため、株や投資信託の配当金や値上がり益が非課税になり、効率がいい投資を可能にしてくれます。特に、積極的に投資をしていない層から高い評価を得ているのではないでしょうか。また、2016年の1月から非課税枠が増額されています。

ファンドの会社というのは、複数の出資者から集めた資金を投資し、その利益を出資者に分配する会社で、手数料で稼ぎます。